クレジットカードをお金に換える話

クレジットカードをお金に換える際のキャッシュバック率の話

ここではクレジットカードをお金に換えるサービスについて紹介していますが、特に知っておきたいのはキャッシュバック率についてです。先にも紹介したようにクレジットカードをお金に換えるサービスとは、クレジットカードのショッピング枠を使って購入した商品に対して、現金が払い戻されると言う形になっています。そして一連のクレジットカードをお金に換えるサービスの過程で登場するキャッシュバック率とは、その際の還元率を表したものです。従ってこのキャッシュバック率が高ければ高いほど、クレジットカードをお金に換えるサービスの利用者が手にする現金の額が大きくなります。例えば上記に紹介したクレジットカードをお金に換えるサービスの取引の例ならば、キャッシュバック率90%ということになります。大体多くのクレジットカードをお金に換えるサービス業者、ショッピング枠現金化サービス会社において、このキャッシュバック率はだいたい80から90%程度が相場になっている、とも言われています。
ですのでクレジットカードをお金に換えるサービスを語る上で欠かせないこのキャッシュバック率は、全てが同じ、と言うわけではありません。クレジットカードをお金に換えるサービス業者によって、このキャッシュバック率は異なっています。また同じクレジットカードをお金に換えるサービス業者、ショッピング枠現金化サービス会社でも、複数の異なるショッピング枠現金化サービスプランによって、これまた異なるキャッシュバック率を用意している事が有ります。通常の場合ですと、商品の購入金額が高くなれば高くなるほど、このキャッシュバック率も高くなります。またクレジットカードをお金に換えるサービスでは一応商品を購入するという形式になっていますが、ショッピング枠現金化サービスを申し込んで即日の振り込みを希望する場合よりも、後日商品配達時に決済をすると言う形式を選んだほうが、一般にキャッシュバック率が高くなります。当然ながらキャッシュバック率が高いほうが、お金を借りる際に多く借りる事が出来、返済の際にも有利になってきます。
ここまでショッピング枠現金化サービス、それにクレジットカードをお金に換えるサービスに伴うキャッシュバック率の話を紹介してきました。少し難しい話になってしまったきらいが有るので、皆さんにわかりやすくこのクレジットカードをお金に換えるサービス、そしてキャッシュバック率の話をする為に、一例としてあるショッピング枠現金化サービス業者のキャッシュバック率を見てみることにしましょう。
このショッピング枠現金化サービス業者の場合、消費者がここでショッピング枠現金化サービスを申し込むと、その申し込み額が1〜30万円、31〜50万円、51〜100万円、101〜300万円の以上の4ランクに分かれています。そしてこのそれぞれに異なるキャッシュバック率が設定されています。例えば最初の1〜30万円の場合、即日振込みのキャッシュバック率の場合ですと83%、そして7〜10日後に振り込まれる「お得振込み」と呼ばれる商品の場合ですと、キャッシュバック率が85%になっています。

また以下31〜50万円の場合はそれぞれ85%と87%、51〜100万円の場合はそれぞれ87%と90%、そして101〜300万円の場合ならばそれぞれ90%と92%になっています。先にも紹介したように、通常の場合ですとショッピング枠現金化サービスの申し込み金額、即ち商品の購入金額が高くなれば高くなるほどキャッシュバック率が高くなると言うパターンになっています。そしてまた即日振り込みよりも、数日後振込みの場合の方がキャッシュバック率が高くなっています。このようなパターンを皆さんには理解して頂けたでしょうか。なおこのショッピング枠現金化サービス業者の場合、商品の送料、そして送金手数料はショッピング枠現金化サービス業者のほうで負担する事になっています。以上が大体のショッピング枠現金化サービスのパターン内容です。

注目サイト

Last update:2017/7/13